ストレスやうつ病が原因の自殺や自殺未遂の労災認定過去最多(NHKニュース)

ストレスやうつ病が原因の自殺や自殺未遂の労災認定過去最多(NHKニュース)

うつ病

a0002_008612

仕事上のストレスが原因で鬱病

仕事上の強いストレスが原因で、うつ病などの精神的な病気に追い込まれ、自殺や自殺未遂をしたとして、昨年度、労災と認められた人は93人で、過去最多に上ったことが厚生労働省のまとめで分かりました。
厚生労働省によりますと、職場での嫌がらせや長時間の残業といった仕事上の強いストレスが原因で、うつ病などの精神的な病気に追い込まれたとして、昨年度、労災と認められた人は475人でした。
これは前の年より150人増えて過去最多に上っています。このうち自殺や自殺未遂をした人は93人で、前の年より27人増えて過去最多でした。
労災と認められた人の年代別では、最も多いのが30代で149人、次いで40代が146人、20代が103人となっています。
精神的な病気を発症した原因で最も多かったのは、仕事量の増加や仕事内容の変化と、嫌がらせやいじめで、いずれも12%でした。
一方、過労から脳出血や心筋梗塞などを起こし昨年度、労災と認められた人は、前の年より28人増えて338人で、このうち過労死した人は123人でした。
過労自殺の労災認定が最も多くなったことについて、労働問題に詳しい川人博弁護士は「厳しい雇用情勢が続き、若い人たちがせっかく得た仕事を失いたくなくて、無理をして働いていることや、企業が十分な研修をしないまま、即戦力として活用しようとするため、精神的に持たないケースが背景にあると思う。国が法律を無視して労働者の健康を害する働かせ方をする企業をきちっと規制し、健康的な職場づくりを進めていく必要がある」と話しています。NHKニュースWEB

仕事上のストレスが原因で自殺や自殺未遂をする人が増えているというニュースだ。

過労死ラインに関しては以前こちらのブログでも取り上げたので参考にされたい。“過労死:死ぬほど働き続けるということについて

基本的に残業が45時間以上6ヶ月間続き、あるいは、それを上回り続けたら業務上起因する災害と見られる可能性が濃厚になる。

今回労災と認定された人は20代から40代と新入社員と中間管理職に該当する年齢であり、過重労働が若い世代に押し付けられていることがよく理解できる。

わたしたちにとって働きやすい職場とは何か

わたしたちにとって本当に住みやすい社会やはたらきがいのある仕事とはなんだろうか?

長時間労働で職場に居続けたり将来の雇用に不安に怯えたり職場の嫌がらせに耐えながら仕事をしたりということまでして精神的に追い込まれ、自殺することがどのようなことなのか、もう一度わたしたち一人ひとりが考え直す問題である。

株価が上昇することだけがわたしたちにとって本当の幸せな社会生活などでは決して無いのだ。

そして、国も一度本気になって過重労働とそれらに伴う労働者における極度のストレスを改善する対策を考えなければこの問題は解決していかないだろう。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。