労働者の幸福度国際比較で世界第7位G8ではワースト2

労働者の幸福度国際比較で世界第7位G8ではワースト2

企業

各国の労働者の幸福度ランキングで、日本がG8中ワースト2位になったことがわかった。
G8とBRICSをあわせた12か国の労働者の幸福度ランキングを、イギリスの人材マネジメント協会「CIPD」が2013年6月18日までに発表した。
G8とはフランス、イギリス、ドイツ、イタリア、日本、アメリカ、カナダ、ロシア、BRICSはブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカを指す。同協会では、国際労働機関(ILO)、国際通貨基金(IMF)、世界銀行、経済協力開発機構(OECD)などが集めている各種統計データを独自に分析し、労働者が「暮らしに満足しているか」を調査した。
公表された順位は以下の通り。
1位:カナダ……91%
2位:イギリス……91%
3位:ドイツ……86%
3位:イタリア……86%
3位:アメリカ……86%
3位:ブラジル……86%
7位:南アフリカ……81%
7位:日本……81%
7位:フランス……81%
10位:中国……73%
11位:ロシア……60%
12位:インド ……39%
見ての通り、日本における職場環境への満足率は81%、12カ国中7位で、G8の中ではロシアに次いでワースト2位となっている。
(中略)
OECD調査では「ワークライフバランス」12か国中最下位
13年5月に発表されたOECDの幸福度調査「より良い暮らし指標(ベターライフインデックス、BLI)」でも、日本人が「生活に満足している度合い」はG8中、ロシア、イタリアに続き下から3番目。さらに、「ワークライフバランス」は先の12か国中でも最下位だった。
BLIでは、日本の「ワークライフバランス」について、長時間労働者の割合が加盟国中2番目に多かったほか、余暇や睡眠、食事の時間が平均を割り込んでいるなどと説明している。
CIPDのランキング結果では、「暮らしの満足度」は平均収入と強い相関関係にあると説明しているが、日本についてはこうしたことも影響しているのかもしれない。
ちなみに、CIPDの調査では「日本は高齢労働者がもっとも多く、労働力の17%が60歳以上」「アメリカの約20%の会社がペットを連れてきても良い」「フランスにはランチタイムが22分しかない」「インドでは雇用されていないほうが雇用されているよりも幸せである」といったことも判明したという。Jcastニュース

イギリスの人材マネジメント協会によって発表された世界の労働者の幸福度のランキングのニュースです。

日本の労働者が日々の暮らしに満足しているかの調査に対してフランスと同率の7位という結果に驚きをもつ人もいるかもしれません。

フランスといえば日本の規律正しい労働者の生活とはかけ離れた生活ができるものの労働者としての満足感は日本人と同じとのこと。しかし、以前このブログでも言及した日本の年次有給休暇取得率が世界標準では最下位との記事にヨーロッパの有給休暇は30日でほぼ100%の取得率であることを紹介しましたが、それでも満足できない労働者の幸福度とは一体何なのか考えさせられる結果となっています。

日本の労働者は世界標準から比べれば過酷な環境でも満足を感じ、我慢しすぎる傾向であることは確かではないでしょうか。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。