若者を使い捨てにする会社が簡単に労働者を解雇する方法

若者を使い捨てにする会社が簡単に労働者を解雇する方法

リストライメージ

若者を使い捨てにするってどうやってやることなの?

前回のブラック企業ってどんな会社?で、ブラック企業の特徴として3つあります。そのうちの1つに若い社員を使い捨てにして育成しないという特徴についてお話しました。

今回はもう少し踏み込んでどうやって使い捨てにするのかについてお話してみたいと思います。

狙われているあなたは問題社員?モンスター社員?

ブラック企業の定義の一つに簡単に若者を使い捨てにする会社というのがあります。

本来なら会社は一度従業員を雇うとそう簡単には解雇はできないはずです。

それは労働契約法という法律にも定められています。

労働契約法(解雇)
第十六条  解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。

解雇するには客観的に合理的な理由と社会通念上の相当性が必要です。

でも、この部分って曖昧ですよね、「社会通念上の相当性」ってどういうことを言うのだろうって思うよね。

そう、実は会社も同じようにこの社会通念上の相当性っていうのがどのレベルのを言うのかについて迷っているのです。

だから、そのグレーゾーンであるがゆえに、なかなか解雇には踏み込めない、簡単に従業員のクビを切れないという抑止力もはたらくのです。

でも、それでも今まで色んな所で裁判があったりしてある程度、社会通念上の相当性というのがどのレベルまで行くと相当なのかってのが分かり始めてきているのです。

たとえば、ある仕事に関して教えてもなかなか覚えようとしない、注意しても何度も同じ失敗をする、平気で遅刻をしてきたりルールを破って他の社員に迷惑をかける、そして会社に損害を与える失敗をする。

そういう人だったら、ある程度社会通念上相当といえるかもしれないですよね?

そう、そこが問題です。ある程度どういう人が社会通念上相当であるのかがわかってしまえば、逆にそういう人であったら辞めさせても問題にならないということです。

となると、ブラック企業は辞めさせたい従業員をそういう人物に仕立てあげようとするのです。

そしてそのような従業員の事をモンスター社員だとか問題社員などと名付けて対策を考えています。

モンスター社員に仕立て上げる方法

会社が従業員を辞めさせたいために、その従業員を解雇するのに十分な理由があると判断してそのように仕立てあげるモンスター社員とは、ルールを守らない従業員であること、再三教育したけど改善の余地がないことなどがあげられます。

つまり、そういうモンスター社員だったとするにはどうするのかというと、いろんな方法がありますがそのうちの一つに会社が持っているルールを厳しくすることがあげられます。

会社のルールが厳しくなれば守ることも難しくなります。

厳密なルールを作り上げていき、それを守ることができない本人が悪いとしていけば会社側の言い分が成り立ちます。

でも、そんな厳密なルールをつくる会社が悪いんじゃないの?とも思いますよね。

でもね、会社のルールは会社がつくる権利があるのです。それで会社が成り立っているのだから、そして本人にしてもそのルールが守れなかった負い目というのが有ります。

だから、ブラック企業からしたらそういう負い目を積み重ねていって従業員に反論できないように仕立てあげようとしていく、それが問題社員に辞めてもらうためのひとつの方法となるのです。

怖ろしいブラック企業の辞めさせ方

ブラック企業はそのことを十分に承知しています。

だから、一度目をつけた社員を辞めさせようと考えることは簡単です。

ルールを厳しくして、守れなくして、会社に必要ない存在だと本人に認めさせることをすればいいのですから。

そのような抑圧的の中で働くことは労働者の心まで抑えつけるような怖ろしい会社といえると思います。

簡単には転職ができない日本の労働環境の中でそいういう風潮が許されるようになってはならないと思います。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。