労働者派遣制度の見直しと無期限派遣の了承厚生労働省の労働政策審議会の部会で

労働者派遣制度の見直しと無期限派遣の了承厚生労働省の労働政策審議会の部会で

どうですか?

労働者派遣制度の見直しを議論してきた厚生労働省の労働政策審議会の部会は29日、現在は「最長3年」が原則の労働者の派遣期間について、条件付きで無期限派遣を容認することを了承した。
制度の重点は、現在の労働者保護から派遣の活用拡大に転換される。厚労省は今国会に労働者派遣法改正案を提出し、2015年春からの実施を目指す。

厚労省は当初、昨年末までに結論を出すことを目指したが、無期限派遣の容認の是非などについて労使の隔たりは大きく、議論は越年。意見の食い違いはこの日も解消できなかったが、対立点は労使双方の意見を記録に残す形で部会として了承することで決着した。

新制度では、派遣労働者が派遣事業者に無期雇用されていれば、無期限の派遣を認める。有期雇用でも、派遣先の経営側が労働組合などの意見を聞き、派遣労働者を3年ごとに交代させれば、派遣労働者の受け入れ自体はずっと続けられる。30日以内の短期派遣は現行通り原則禁止となるが、例外となる条件を広げる。読売新聞http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140129-OYT1T00657.htm?from=top

15年春を目標に無期限派遣

今回の制度改革は派遣元で無期雇用であれば、派遣先でもずっと無期雇用で仕事をすることが出来る用になる制度になるということです。

この結果を読者の皆さんはどのようにお考えになるでしょう。

派遣元で正社員であるわけだから、雇用が安定していると考える人もいるのかもしれません。

筆者の意見は以前このサイトでも書きました。

・労働者派遣法改正で無期限雇用すべての業種へ

今回は労働者側の意見が率直に反映されやすい掲示板から意見を幾つか抽出してみたいと思います。

無期限派遣は良いのか悪いのか?

上の意見などを見てみましても、現在派遣で働いている人、非正規雇用で働いている人からすればこれほど経営者側に有利な制度改革はないという労働者にメリットを感じている様子はありません。

しかし、ある程度既得権益側にいる人、現在正社員として就業している人からすると、ある程度の切り捨てはしょうがないという今回の改正を支持する人も中にはいるようです。

ただ、言えることは派遣制度が3年が限度である状況から無期限になろうとも派遣制度の下で働くということは労働者にとってはメリットであるとは言い難い状況であると思います。

派遣制度ではたらくことが他の正社員よりも給料を大幅に上げるなどのフォローも必要なのではないでしょうか。

またいったん、派遣制度に従事したものは二度と正社員になりにくいという就労環境を改善することにより、技術を身につけたものは転職しやすいような社会制度を作っていくことも必要であると思われます。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。