ブラック企業とは何か?ブラック労働者によって支えられている日本の労働環境

ブラック企業とは何か?ブラック労働者によって支えられている日本の労働環境

企業

ブラック企業

ブラック企業という言葉が独り歩きし、その正確な定義はまだない。

しかし、この言葉が昨今さまざまな場面で使用されるようになってから、主にネットを介して流通するようになった。

今回はブラック企業がなぜまかりなりにも企業として存続しているのかを考えてみたい。

労働基準法を守らないということはどういう意味か

ブラック企業とは、従業員を会社の駒としか見ていない企業をさすととらえていいだろう。

労働基準法は労働者の権利と人としての生活が最低限営むことのできる基準を定めてある。

つまり労働基準法が労働者として生活するにギリギリの最低ラインを定められてると見てもいい。

その労働基準法を尊重しない会社とは、まさに従業員を人として扱っていないと言っても過言ではない。

しかし、労働者側の権利だけを主張していてもそれは隔たった見方とも言える。

ここでブラック企業の経営者が何を考えて会社を経営しているのかを考えてみてもよいだろう。

典型的なブラック経営者は少ない

先日雑誌を読んでいたら、覆面座談のような特集が組まれブラック企業の経営者が社員のことをどう見ているのかのインタビューが載っていた。

そこには従業員のことなど金づるとしか見ていないいかにものブラック経営者がインタビューに答えていた。

時代劇に出てくる悪い越後屋の商人や中国の抗日プロパガンダ映画に出てくる旧日本軍のようないかにもの悪玉のようなステレオタイプのブラック経営者であったことに私は少し違和感を感じた。

少なくともわたしが出会った中ではこのような経営者はいない。会議

基本的に経営者とは会社を良くするには労働者の頑張りがないとやって行けないことをよく知っている。

そのために、相当無能の経営者でない限り社員のことを金づるなどとして扱うようなことはしない。

そして社員を大切にしたいと考えている経営者ですら実は労働法に関してはあまり良く知らないのだ。

だから、社員を大切にしても何をどう大切にするのかよくわかっていなかったりする。

自分の会社の経営のこと商売の売上や取引先のこと、それらが優先するあまり労働者のはたらく環境は最後になってしまうだけなのである。

問題なのはブラック企業を支えるブラック労働者の存在

ここで自分の会社がブラック企業だと考えている人は一度よく思い出してみて欲しい、あなたの労働環境を苦しいものにしているのは経営者の経営方針だけだっただろうか?

ブラック企業の経営方針は経営者の悪質な経営方針というよりも単なる無知によるものが多い。

しかし、そのブラック経営方針に関してイエスを称え、ともにブラックな労働環境を助長するブラック労働者の存在はいなかったであろうか。

労働基準法とは労働者を守るための法律である。

しかし、その労働基準法も労働者の方から積極的にないがしろにされたら、なにもできない。

しかも、それが会社の雰囲気を作り上げるようでは違和感を感じたものはただ排除されるだけになってしまう。

解雇規制緩和が最近では賑わしているが、このような違和感を感じた労働者を解雇しやすくするような要素がある規制緩和であるならば、日本の労働環境の改善には明るい兆しを見ることはできない。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。