カテゴリー: ビジネスコラム

厚生労働省のストレスチェック−労働安全衛生法改正案によるストレスチェックの義務化

労働安全衛生法改正案によるストレスチェックの義務化とは 労働安全衛生法の改正案が取りざたされ注目を集めています。 今回の労働安全衛生法の改正に伴うストレスチェックの義務化で注目されるポイントは2点あります。 従業員50人

給料を下げられた、会社は正社員もバイトも賃金を勝手に減らしていいの?

給料を勝手に減らしてもいいの? 「ノルマを達成してないから給料を下げたい」 「アルバイトやパートの給料は来月から下げることにした」 「会社の業績が悪いから給料を下げざるを得ない」 このような理由によって従業員の給料を下げ

不注意

休職後職場復帰した社員の42%がその後退職、うつ病などのメンタルヘルスからの職場復帰の問題

精神疾患からの休職後の職場復帰の現状 うつ病などメンタルヘルスの不調で会社を休職した社員の42.3%が、休職制度の利用中や職場復帰後に退職しているとの調査結果を、独立行政法人「労働政策研究・研修機構」(東京・練馬)が18

正社員が陰でアルバイトをやっても良いのか?兼業や副業はどこまでが可能か

正社員のアルバイトや副業について 正社員だから副業やアルバイトをやってはいけないという法律は無いです。 だからといって、いつでも何でも副業できる訳ではありません。 正社員で副業やアルバイトを考えているひとには慎重に会社の

どうですか?

労働者派遣制度の見直しと無期限派遣の了承厚生労働省の労働政策審議会の部会で

労働者派遣制度の見直しを議論してきた厚生労働省の労働政策審議会の部会は29日、現在は「最長3年」が原則の労働者の派遣期間について、条件付きで無期限派遣を容認することを了承した。 制度の重点は、現在の労働者保護から派遣の活

労災と認めないブラック

新裁量労働制導入が産業競争力会議でホワイトカラーの残業を対象に検討される

政府の産業競争力会議の分科会が開かれ、有識者議員は、高い専門性や収入で仕事をするホワイトカラーを対象に、実際の勤務時間にかかわらず一定の賃金が支払われる、新たな「裁量労働制」などの導入を検討するよう提言しました。 政府の

労働問題

学校教員の「残業」月95時間、教師の長時間労働と時間外労働の問題

全日本教職員組合(全教)は17日、幼稚園・小中高校などの教職員の勤務実態調査の結果を公表した。教員の時間外勤務は1カ月平均で72時間56分、自宅に持ち帰った仕事の時間も含めると同95時間32分にのぼった。「改善のための人

ブラック企業対策

ブラック企業ってどんな会社?はたらく人の敵ブラック企業の3つの特徴

ブラック企業の特徴ってあるの? ブラック企業って最近おもにネットの世界で騒がれていて厚生労働省もブラック企業を監視するなんて言ってるけど。 実際ブラック企業ってどういう会社のことを指すのかな?うちの会社はブラック企業じゃ

労働問題の鍵

ブラック企業対策に政府も本気!厚生労働省が常設相談窓口をつくる方針

ブラック企業の対策に政府も本気 ブラック企業対策に政府も本気の様子だ。ブラック企業による労働者の酷使、労働基準法もなんとも思わず平気で解雇権を濫用したり、長時間労働を強いる状況に対して政府が相談窓口を常設することを検討し

労働問題コラム

若者の自殺増加、日本の自殺率は先進国で最下位就職活動失敗など若者の絶望感が反映される。

 自殺対策白書から見る日本の若者の自殺の問題 現在の日本では、死因順位別に見た年齢階級別死亡数で20歳から39歳までの20代30代の若者の死因のワースト1は自殺だという現実があります。 これを先進7カ国フランス・ドイツ・

リストライメージ

雇用規制緩和を特区で解禁を政府が検討中、残業や解雇が容易になる可能性

解雇しやすい特区に関して政府が検討段階に入っているため、解雇特区に関して労働者や若者の視点から条件提示を提案してみる 以下のリンク先を参考にしてもらいたい チャレンジ特区(解雇特区)に賛成するメリットを条件付きで考えてみ

労働問題の鍵

限定正社員とは何か?解雇規制緩和政策と非正規社員にとってのメリット

4月施行の改正労働契約法は、今後5年を超えて働く非正規社員が希望すれば無期雇用に切り替えることを企業に義務づけた。これまで通り業務は限定的ながら、無期雇用になった人の処遇を定める必要が出てきたのを機に浮上したのが、限定正