【労働コラム】労働基準法と会社のルールはどちらが優先されるのか?

【労働コラム】労働基準法と会社のルールはどちらが優先されるのか?

ブラック

ブラック企業

よくインターネットの手続きなどで「利用規約に同意する」と言うボタンをよく読まずにクリックしてしまう方がみえます。

かくいう筆者も人のことは言えず、利用規約は重要そうな部分だけを飛ばし読みしてクリックしてしまうことが多いのですが、実際に忙しい毎日を送っている人はえてしてすべての注意書きに目を通すことが実質不可能かもしれません。

何事もなければ、これらの規約は有るのも無いのも同じ事なのですが、いざトラブルとなった時が問題となります。

労働問題も同じ事が言えます。労働者が労働基準法をしっかりとよく読む機会はあまりないのではないでしょうか。会社の就業規則ですら、あまり読まずに、なにか問題や疑問があった時だけ確認するという人も多いと思われます。

しかし、これら労働基準法の無知が労働トラブルや労働者の一方的な不利益につながることに注意してください。

ブラック企業の本質を労働者なら知っておきたい。

労働者が自らの労働環境や労働条件が不利益な状態になっていることに気づかずに、どこの会社でも同じだと思っているために思わぬ落とし穴にはなってしまうということもありえます。

例えば労働に関する法律についてです。

起業を考えている人、あるいは経営者や2代目社長などは基本的に勉強熱心です。自らの会社の業績を伸ばすために経営のために様々な勉強をしてます。しかし、一番おろそかになりがちなのが労働法の分野なのです。

そのため、労働者はうちの社長なら労働基準法を知っているだろうと思って社長の命令が正しいと信じこんでしまう人も多く見えるかもしれません。

また、経営者には会社を経営していく上において、人事において裁量権があります。それらの権利と労働基準法と同じように考えてしまっている人も見えると思われます。

権利を主張するべきは労働者です。労働に関する法律の知識をしっかりと持たなければ、トラブルに巻き込まれることもありえます。

労働基準法と会社のルールの違いを明確に知っておく必要が有る。

たとえば、労働基準法と会社のルールの違いに関してわかりやすい例をで説明してみます。

A「うちの会社はひどいよ賞与が払われないんだよ」

B「うちは会社のルールで有給はないらしい」

C「うちは残業代は払われないよ」

これらのうちで明確な労働基準法違反はどれでしょうか?

答えはBです。会社のルールで有給休暇がなくなるということはありえません。労働基準法の基準にあたいすれば、有給休暇は必ずもらえます。

それに対して、Aは明確とは言い切れません。賞与は就業規則に明記されていない限り賃金としてみなされないこともありえます。

またCに関してはどうでしょうか?

実はCも明確な労働基準法違反とはいえない場合があります。

たとえば、就業規則の賃金規定に営業手当などとの名目でいわゆる固定残業代として支払われていて、就業規則が有効に成立していた場合には残業時間に対応する範囲に関しては残業代を払わなくても良いことになります。

これが残業代を払っているのか、残業がサービス残業として違法なのかについてはっきり判断するポイントとなります。

このように、コンプライアンスに則った会社運営をしている場合にはルール違反とならないのですが、労働基準法が求める手続きをしていない内容がある場合にはCは明らかな労基法違反になります。

労働者がこの辺りについての知識をしっかりともっていれば、実際に自分がはたらいている会社が労働条件に関して、労働基準法違反なのか、それとも従うべき会社のルールなのかがはっきりと分かることになります。

トラブルになってから問題にするよりも、普段からしっかりと労働に関する問題を知って労働に関する法律について不勉強になりがちな経営者に労働基準法ではどうなっているのかを伝えて、働きやすい職場づくりを目指すことも大切なことだと思います。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。