自分の性格を変えて職場いじめを撃退した話、職場いじめでお困りの方に

自分の性格を変えて職場いじめを撃退した話、職場いじめでお困りの方に

いじめ問題

[alert-note]
関連する記事:職場いじめをなくすために、経営者に問われる倫理観
関連する記事:職場いじめが許されない就業環境づくり[/alert-note]

職場いじめを放置するのは会社の責任だけど

職場いじめが存在する会社、あるいは、存在していることを知っていながら放置している会社については“職場いじめが許される職場環境を作ってはいけない”で、会社は労働者が働きやすい環境を整備していく義務があるということについて説明しました。

しかし、現実問題として、経営者が労働者の働きやすい環境のために様々な配慮をする職場というのは多くはないと思います。

労働者側からその点の配慮を求めてみても、使用者は会社の経営を中心に考え、労働者の職場環境、ましてやいじめなど人間関係の問題は一番最後になるというのが現状ではないでしょうか。

職場いじめを撃退したAさんの話

上司が職場いじめに対処してくれない、そのことで裁判やあっせんなどできるような状況ではない、そのような状況に立たされて、苦しんでいる、疲れている人はほんとうに多いと思います。

打開策はないのでしょうか?

そこで、今回は法律問題や、会社の規則などではなく、処世術的に職場いじめを撃退したAさんの話を紹介したいと思います。職場いじめで苦しんでいる方が参考の一つにされてみてはと思います。

Aさんは大学卒業後に入社した会社からキャリアアップを試みるも転職に失敗、その後起業を目指す準備期間に派遣社員に登録しました。

派遣先の職場はほとんどが女性の派遣社員で構成されていました。独身男性で30代半ばでの派遣登録に周囲の目は冷ややかなものだったそうです。

Aさんは派遣先で仕事をしているうちに職場のある環境に気づきました。そこの職場には女性の派閥があってAグループとBグループが激しく対立している状況だったそうです。

Aさんはさすがに30代半ばで女性たちの派閥争いに参加などする気もさらさらなく、中立派を装いながらまじめに仕事にだけ撃ちこむことを心がけたそうです。自分がどちらの派閥の構成員に対しても誠実かつ公平に対応していたら醜く意味のない派閥争いなどに巻き込まれることもない、いい年してるのだから仕事だけ淡々とこなしたいという発想からの行動だったそうです。

ところが、Aさんの願いも虚しく、1人孤立をしながらもまじめに働くAさんへの陰口が聞かれるようになり、次第にいじめの対象となる嫌がらせが繰り返されるようになりました。

具体的には、仕事を教えてもらえない、聞こえるように陰口を言って無視する、些細なミスを誘発するようにしむけ責任を押し付けるなどです。

Aさんは普段は精神的にも健全で、ちょっとやそっとではへこたれるような性格の持ち主ではありません。しかしそのAさんでさえ、そのような職場で3ヶ月もすると不眠になり精神的にもかなり病んできてることが自覚できるようになったそうです。

たまりかねたAさんは上司に相談したり、なんとか理解してもらうようにコミュニケーションを図るようにしたりさまざまな打開策を考えましたが、どれもうまくは行きませんでした。

そこでAさんがとった方法とは

そこで、本気で悩んだAさんが最後にとった打開策とは、

いじめられたらやり返す。

でした。陰口を言われたら大声で陰口を言い返す。ミスを指摘されたら相手のミスも大きく叱責して問題を大きくする。とにかくやられたらやり返すということを繰り返したそうです。どうせ派遣社員で長くいつづけるわけでもない上司も何も対処してくれないそういう境遇だからこそできたことかもしれません。

しかし、次第に大声で陰口を言い返しているうちに、悪口を言われた女性と対立している派閥のリーダー格の女性に認められ、派閥の飲み会に誘われることになったそうです。

そこでも、Aさんは対立する派閥グループの悪口を言いまくったそうです。

ここで注意して欲しいのは、Aさんは誠実な人間です。それまで本人のいない所で陰口を言うなど言うことは自分の中のルールとして絶対に許せないと考えているタイプの高潔な男です。しかし、Aさん曰く「今までの人生であれほどはっちゃけて人の悪口を言ったことがない」というくらい悪口を言い続け、派閥グループに入れてもらったそうです。

つまり、職場いじめ撃退2つ目の方法は
我慢して1人で戦うのではなく、派閥グループに入って仲間を作る。
ことです。

それ以降、目に見えるようなAさんに対するいじめはなくなり、派閥同士の厄介で陰湿な喧嘩には巻き込まれることが多くはなりましたが、個人としてのいじめはなくなり、派閥仲間からは仕事を教えてもらえ、仕事がしやすくなったと言っていました。

いじめられている人も起死回生でやり返すというのも一つの考えではないですか

Aさんがとった行動が絶対的に正しいいじめ対処法だとは思いません。しかし、自分の身を守るためにも、いままでに自分の中で守ってきたルール、他人の悪口を言わないだとかいじめられても卑怯なやり返しをしないだとか、そういうルールを一度取っ払ってしまっていじめる相手に立ち向かうというのも一つの効果的な方法ではないではないかと思います。

いじめるという行為は許されてはいけない、しかし何の罪もないいじめられている人が精神的に追い詰められたり、不眠で悩んだりするくらいなら、やり返すという選択肢も時には必要だと思います。

今回はいじめに悩んでいる人に、打開策の一つとして自分の殻を破って思い切ってぶち当たってみる勇気について語ってみました。

読者の皆さんはどう思われるでしょう、コメントいただけたら幸いです。

One thought on “自分の性格を変えて職場いじめを撃退した話、職場いじめでお困りの方に

  1. 竹内松直
    says:
    Reply返信

    おっしゃる通りだと思います。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。