ブラックバイトの実態、契約無視や長時間労働の強要まで

ブラックバイトの実態、契約無視や長時間労働の強要まで

労働問題コラム

ブラックバイトの実態、非正規雇用にのしかかる労働問題

ブラック企業と同時に、ブラックバイトがネットを中心に話題にされている。アルバイトやパートタイム労働者というある種使いやすい雇用であるメリットを利用して中小企業の経営者が使いやすい形で雇用契約をして一方的な不利益変更が横行する実態を称して呼ばれ始めている。

たとえアルバイトという雇用形態であるから氏k年に仕事をする必要がない、誠実に仕事に従事しなければならない義務など無いなどと主張する学生や主婦がいるのならば、おそらくそのような主張は通用しないだろう。

それと同じように経営者にもアルバイトやパートタイム労働者を一方的に使い勝手良く利用し、不利益変更や労基法違反を強要することは許されないのは当然だ。

ブラックバイトの厳しいノルマと長時間労働

アルバイトで採用募集をして正社員雇用をチラつかせながら厳しいノルマと長時間労働、またサービス残業を強いるなどの労働基準法違反が横行する職場あるという。実際に簡単に正社員雇用ができず、まずはアルバイトでもいいから自分の働きを見て欲しいために就労する若い労働者も少なくない。

そのような労働者の足元を見るかのようにサービス残業に対して「やる気」をはかるなどということは法律違反であり経営者の倫理観が問われる問題である。

パートタイム労働者は雇用保険にも加入できる

ブラックバイトととして雇用するブラック企業の社会保障問題も深刻だ。そのような経営者が雇用保険や社会保険に加入しているかも定かではない。パートタイム労働者でも社会保障が受けられ雇用保険に加入もできることは当然であるそれに関しては詳しくは以前のエントリー

パートタイム労働者の失業時の保証と雇用保険”こちらも合わせて読んでいただきたい。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。