残業は上限や基準があるのか?一日に何時間以上働かせることができるのか

残業は上限や基準があるのか?一日に何時間以上働かせることができるのか

ブラック企業残業

時間外労働時間の限度の基準

労働者を1日8時間以上働かせることができません、そして残業を命じるには会社と労働者の36協定が必要になります。

では、36協定を結んだら会社は労働者を何時間でも働かせることができるのでしょうか。

それについては36協定について延長することができる時間を厚生労働大臣が限度の基準を定めています。

限度時間の基準(一般の労働者の場合)

  • 1週間   15時間
  • 2週間   27時間
  • 4週間   43時間
  • 1ヶ月   45時間
  • 2ヶ月   81時間
  • 3ヶ月   120時間
  • 1年間   360時間

限度時間の基準が定められていますが、この限度基準を上回る時間外労働を定めることはできないのかというとそうではありません

この限度基準を上回る36協定も有効であると判断されていることにご注意ください。

特別条項付き36協定

どうしても臨時的に上に掲げた限度時間を超える時間外労働を行わなければならない特別な事情がある場合は、特別条項付きの36協定を締結すれば限度基準を上回る残業を命じても有効と判断されます。

ただし、この特別な事情に関しては曖昧なものや総括的なものではなくて、具体的にどういう状況だと臨時となり限度基準を超えての残業になるのかについて定めなければなりません。

2 thoughts on “残業は上限や基準があるのか?一日に何時間以上働かせることができるのか

  1. Reply返信

    上記のような一部上場企業でも今回の有期社員法改正を逆手にとって悪用した動きをしています。
    これはこの会社だけではなく社会的に問題にすべきことと考えます。
    ぜひみなさんツイッター・FBで拡散をお願いします。

  2. Reply返信

    大変失礼しました、WEBページを貼り忘れました・・。

    .☆★拡散希望★☆契約社員は全員5年でクビ?JBグループ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。