看護師業界のいじめ問題に対処する方法、労働問題としてのいじめと解決策

看護師業界のいじめ問題に対処する方法、労働問題としてのいじめと解決策


深刻な看護師業界のいじめ問題

人を助けるはずの看護師さんの世界でも裏では深刻ないじめが蔓延している職場が少なくないそうです。

職についたばかりの新人看護師さんなどがターゲットにされ深刻なケースも増えています。

今回は看護師さんのこれらの問題について労働問題の視点からアドバイスしたいと思います。

看護師業界の特徴的ないじめ

看護師さんからの相談による職場いじめのケースとしては

  1. 仕事を教えない
  2. みんなで無視する。
  3. きついシフトをわざと割り振る
  4. 陰口がひどい

といったものが挙げられます。

普通の会社であるのならこれらの問題は上司が職場環境を改善するために何らかの対処をしなければならない問題です。

しかし、病院という特徴から職場いじめを解決するということに関してはなかなか手が回らない事が多く問題は深刻です。

一般的な会社での職場いじめ対処法

本来なら上で上げたような状況は会社が一丸となって阻止する体制づくりが必要とされます。また、いじめがある職場というのは社員定着率も良くなく、仕事を教えても辞めていくため経営的にも非効率的で何らかの対処が求められるのが普通です。

また経営面だけでなく労働法的にも問題が有ります。企業には職場環境配慮義務があり、労働者が働きやすい環境を提供する義務があるからです。

会社は職場いじめがあるような環境を放置することは許されないのです。

看護職での職場いじめの具体的対処法

つまり、まず一番いじめられている本人ができる職場いじめ対処法として大切になるのは職場いじめが存在することを職場の上司に相談することです。

看護師さんの場合職場の上司が主任看護師でその人も一緒になって職場いじめをしているケースが見受けられます。そういう場合は医師や病院の経営に携わっている人に相談するのが良いと思われます。

ここで注意して欲しいのは、「上司に言っても無駄」と考えるのではなく、「上司に相談したのに対処してくれなかった」という事実そのものがあることを明確にするということです。

ここで、相談した内容相談した日付など、いじめに関することをできるだけ記録として残しておくことも必要となります。

これらのことは最悪の場合を想定して後々労働問題にまで踏み込んだ場合効果的であります。しかし、本来なら労働紛争になるようなことがなく、上司によって職場が改善されることを目指すことが大切です。

会社や上司が対処してくれない場合

上司に相談しても何ら対処してくれなかった、何ら改善しなかったという場合は深刻なケースです。ここで泣き寝入りするのではなく次のステップに進む必要があります。

 労働あっせんや労働相談

労働相談といえば労働基準監督署への相談が考えられますが、職場いじめの場合、民間人と民間人の問題となり、民事となるので行政はなかなか介入してくれません。しかし、上司に相談したのに対処してくれないとなると職場環境配慮義務違反として問題視される場合があります。しかしその場合にも職場いじめがある事実、職場いじめを上司に相談しても会社が対処してくれない事実などいくつも証拠を必要とされ現実的な解決はなかなか難しいのが現状です。

労働あっせん等も考えられますが、強制力のないあっせんもどれほど効果的であるのかは疑問が残ります。

労災や傷病手当

職場いじめが問題視されると精神的なダメージを受ける人が見受けられます。これに関してはうつ病などの精神疾患が心配されます。かならず会社を休んででも一度精神科や心療内科などへ相談に行くことを強くすすめます。

ここで注意してほしいことは必ず、働いている時に医師の診断を受けることであり、辞めてから病院へ行こうと考えないことです。健康保険の被保険者期間など在職中でのメリットが失われる危険があります。

また、精神疾患が業務が起因するうつ病と判断される場合労災と判断されるケースも有り得ます。この場合は、辯護士などに相談して法的な対処も考えることを勧めます。

また、労災と認定されなくても、医師に精神疾患により労務不能と判断された場合休職して傷病手当金の給付を受けながら職場から一時的に離れることも可能になることを覚えておいてください。

転職を考える

転職を考えるということはその職場からの逃げであると考え悔しく思う人も少なくないかもしれません。本人に何ら落ち度はない職場いじめでなぜ自分が転職を考えないといけないのか、そう思うのも当然です。

しかし、職場いじめを経験して転職をした人の経験談を聞くと誰もが、もっと早く転職すればよかったと言っています。

陰湿ないじめに耐え続けて自分の精神を病むまで我慢するのではなく、さっさと新しいやりがいのある職場に転職することも自分の人生を肯定する上で大切なことだという認識が必要です。

看護師さんの転職についてはネットでの情報収集も効果的です

看護業界の職場いじめ対処のまとめ

職場いじめで苦しんでいる人にまず知ってほしいことは、あなたは悪く無いということです。

ただし、いじめという事実に対して誰も助けてくれないこと、自分が勇気を出して何か対処をしないと自体は改善しないということを覚えておいて欲しいです。

強い気持ちをもってこの問題に対処できることを願っています。

sponsoredlink

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。