会社が法律違反をしている場合どこへ相談に行くべきか

会社が法律違反をしている場合どこへ相談に行くべきか


労働基準監督署にある総合労働相談コーナーについて

会社が法律違反をしていると言っても、どんな法律を違反しているのか?が問題になります。

そして労働問題に関する法律違反に関しては労働基準監督署に相談するのがベストだと思われます。

弁護士さんに相談するという方法もありますが、弁護士さんは無料相談をやりつつも最後にはたくさんのお金がかかってしまう場合があります。まずは無料でできる監督署を利用することをおすすめします。

今回は、相談する時に少し事前に準備してもよいことについて取り上げてみたいと思います。

労働基準監督署、あるいは総合労働相談コーナーでの相談

まず何を相談したらいいのかを思い出してメモしておくことをおすすめします。

労働基準監督署での相談で、積極的に相談に応じてくれる問題と、ちょっと距離をおいて相談に応じる問題とが有ります。

そのため、何をどう解決したいのか、自分の中で最初に整理しておくことが良いと思います。

労働基準監督署が積極的に相談に応じてくれる問題

賃金に関すること、たとえば残業代を支払ってくれないとか長時間労働を強いるだとか、年次有給休暇をもらえないと言った問題に関しては労働基準監督署は積極的に対応してくれます。

まずは給与明細やタイムカードなどの働いていた記録を集めておいてください。それらは証拠として提出することができます。

また残業代を支払って欲しいと会社側に問い合わせ、その時の会社側との会話をICレコーダーのような録音することが出来る機材などを使用して会話を録音しておくことも効果的です。

労働基準監督署が相談事として取り扱いにくい事項

労働基準監督署が相談に対してあまり積極的に取り扱ってくれない事項は解雇に関すること、パワハラ・セクハラに関すること職場いじめに関することです。

セクハラに関しては労働局の雇用均等室へ相談に行くのが適切です。

全国の労働局雇用均等室の所在地に関して

しかし、多くの労働問題の場合、セクハラだけでなく、そのほか解雇や残業など多くの問題をはらんでいるケースが有ると思われます。

その場合は、まずは総合労働相談コーナーを利用するのが良いかと思います。

労働基準監督署も均等室も匿名による相談も受け付けてくれます、また相談したこと、会社の違法な行為を申告したことによって会社が労働者に不利益になる処遇をすることは禁じられていますので、安心して相談することが可能です。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。