女子会ランチは女子会リンチ?出席しないといじめターゲットになる女子会の恐怖

女子会ランチは女子会リンチ?出席しないといじめターゲットになる女子会の恐怖

平和な生活

戦慄の女子会ランチ

女性の多い職場、派遣社員やパートタイマーの方なら一度は女子会なるものに出席されたことも多いと思います。

女子会といえば華やかで仲の良い友達同士のおしゃべりタイムという明るいイメージが有ります。

しかし、その裏の実態では本当は出席したくないにもかかわらず出席せざるを得ない難しい問題や、職場いじめにつながる悲しい現実があるみたいです。

もちろんこのようなことがすべての女子会に共通するなどとは思っていません。ほとんどの女子会は明るく楽しいイメージ通りの女子会だと思われます。

しかし、女子会ランチは女性の世界でほんとうに怖いと主張するOLさんたちが多くいるもの事実です。

今回は筆者が複数の女性社員やパートタイマーから聞いた女子会ランチが女子会リンチへとつながる怖い話を紹介いたします。

女子会ランチが女子会リンチに変わる実態

ある女性派遣社員の職場の例では、女子会ランチの時間は毎週土曜日にお昼から3時間必ず同じお店で同じ席でほとんど会社の延長かのようにつづけられているそうです。

出席しない人は必ず陰口を言われ、ヒミツを暴露され職場仲間同士でそのヒミツが共有され、だから、そこで仲間はずれが決定されると仕事を辞めることまで追い込まれるそうです。

基本的には悪口を言われる人が決まっていて誰もがそのいじめのターゲットの悪口などで持ちきりでその人が心が折れて辞めるまでそれが続けられるそうです。

そのような実態があることを職場の女性全員が知っているからこそ、絶対にその女子会ランチは欠席できず、ターゲットとなっている女性が辞めない限り続けられ常にその職場は固定メンバー以外の離職率はかなり高い数字が出されているそうです。

会社は職場の女性社員の女子会ランチに制限をかけられるか?

このような環境の場合、会社がどこまで個人の休日の過ごし方に対して踏み込んでいじめをなくすことができるのかが問題になります。

当然ですが、女子会ランチをやめさせる権限は会社にはないでしょう。個人が自由に参加するタイプのランチに対して会社は何ら口出しすることはできません。

ただし、このようなことで離職率が上がり会社の労働生産性にも影響をあたえるようなことでしたら、それはそれで問題でもあります。

ここで女子会ランチが苦痛であるとお考えの女性社員の方がいましたら上司に相談することをおすすめします。

会社には影でいじめがあるかどうかの実態を調査するように頼み、いじめは絶対にゆるさないという社風を社員教育として徹底することを従業員に要請します。そして、個別面談などの時間をつくりひとりひとりが虐めにあっていないのかなどの聞き取りを行うことが良いでしょう。

また、そこで女子会ランチなどがいじめのはびこる原因となるようでしたら、いじめられるひとへの影響が職場内にも持ち込まれることが絶対にないように上司に救済を求めることが出来る制度をつくり、いじめは絶対になくすという姿勢を従業員に示すことが必要となると思います。

このような会社が本格的な対策を取ることによって、女子会などで本来なら会社が踏み込めないプライベートな空間をも対処することが可能となります。

もし、女子会ランチなどで悪口や陰口いじめなどにうんざりしている人がいるのでしたら、一度上司にこのような対策をとってくれないか相談してみることをおすすめします。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。