労災だと会社が認めてくれない。

労災だと会社が認めてくれない。

労災と認めないブラック

労働相談

質問:仕事をしている時にケガをしたのですが会社が認めてくれません。

仕事中にケガをしました、近くには上司もいたので、見ていて知っているはずです。

でも、労災ではないと言い張ります。どうして会社が認めてくれないのでしょうか?健康保険を使用すれば済むことなのかもしれませんが、少し納得がいかなかったのでお聞きしたいです。

A労災は労働基準監督署が認めるものです会社が認めなくても申請できます。

仕事中にケガをしたら、労災として申請します。会社が申請するものです。

しかし、労災は従業員を一人でも雇った場合に必ず加入しなければならない保険であるにもかかわらず会社が労災の申請をしてくれない場合があります。

会社が労災を認めてくれない理由

会社が労災と認めてくれない理由はいくつかあります。ここでは考えられる2つの理由を考えてみます。

1つ目はもともと労災保険に加入していない。

労災手続きが面倒だから、あるいは、何らかの理由によって労災に加入していない場合があります。加入は義務ですが、未加入でいると悪質な者にはその報告を求められ罰則を与えられることもあります。

つまり、このような場合は、社長が労災に関しての知識や情報がなかった、労災は素直に加入していれば従業員にも経営者にとってもプラスになる制度です。そのことを社長や経営者が知らなかった。そういう場合は、上司や経営者にしっかりと労災の必要性を説明することが大切ではないかと思います。

無理に事を荒立てないほうがいいと思われます。

考えられる2つ目は会社の過ちを認めたくない。

会社には従業員が安全な作業や労働に従事できるようにその環境を整備しないといけない義務があります。

認めてしまうと労働者からの損害賠償等会社の過ちを認めてしまうことになります。

会社の安全配慮義務違反で訴えられることを恐れているのかもしれません。

しかし、労災は会社が労災であると認めるものではなく労働基準監督署が認めるものです。会社による承認がなくても自分で申請をすることが可能です。

ですので、自分で労働基準監督署に赴いて労災を申請してください。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。