【労働相談】パートタイム労働者の失業時の保険と保障

【労働相談】パートタイム労働者の失業時の保険と保障

非正規雇用

a0008_001842

パートタイム労働者の雇用保険の加入について

パートタイム労働者、アルバイト等は雇用保険に加入していない事例が多いとても多いです。

これはひとえに経営者の雇用保険に関する情報不足が原因でおこるものです

フルタイムの正社員の加入は義務付けられているけど、アルバイトなどの短期雇用社員は加入が必要でないと思われていることからおこりえます。

パート社員やアルバイトのような不安定な雇用にいるものこそ社会保障で守られるべきであり労働者自身、その権利について知るべきだと思われます。

雇用保険は政府が管掌する保険です。条件次第でパート労働者も加入します。

雇用保険の加入は会社の都合や方針などで加入を決めるものではなく、労働者の働いている条件によって加入が義務付けられています。

雇用保険の加入条件

次の2つの条件を同時に満たす労働者が加入されます。

  1. 31日以上引き続き雇用される人、つまり一ヶ月以上の労働契約期間がある人
  2. 1周間の所定労働時間が20時間以上であるもの(1日5時間労働を週に4日以上働く人や1日8時間労働を3日以上働く人などが該当します。)

つまり、たとえ正社員よりも短時間の労働しか提供していないからといって、雇用保険に加入しないということはないのです。

雇用保険の保険料

雇用保険に関しては保険料は会社と労働者がお互いに支払います。保険料は一般的な労働者でしたら5/1000です。

一ヶ月10万円のお給料をいただいていたら労働者が支払う保険料は500円です。

ちなみに会社側が支払う保険料は850円となりますので、会社にとっても問題となる金額ではないと思われます。

つまり、会社が加入しない理由は、手続きが面倒だからなど深い理由はないと思われますので、もし加入を渋ったり、加入しない方針であるなどという独自の判断をされているようでしたら、会社側にしっかりと雇用保険の在り方を説明すると良いでしょう。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。