就業規則の作成変更を労働者代表の意見を聞かずに労基署で受理されるか

就業規則の作成変更を労働者代表の意見を聞かずに労基署で受理されるか

労働問題の鍵

労働相談

就業規則の変更を労働者の意見書がなくとも労働基準監督署で受理される

就業規則を作成する時に、労働者側にとって不利になる就業規則内容である場合で九十条の二項の書面添付が困難な場合、通達では以下のように労働基準監督署は労働者の書面による意見書がなくても受理されることになっている。

就業規則の作成、届出及び受理については、施行規則第49条に示してあるが、労働組合過半数を代表するものの意見書に労働者代表の署名または記名押印がないことを理由として受理しない向きもあるようであるが、労働組合が故意に意見を表明しない場合または意見書に署名または記名押印しない場合でも、意見を聞いたことが客観的に証明できるかぎりこれを受理するよう取り扱われたい。(昭二三・五・一一基発七三五号、昭二三・一〇・三〇基発一五七五号)

労働基準法第九十条第二項では以下のとおり書面の添付を必要とされる。

労働基準法第九十条第二項
使用者は前条の規定により届出をなすについて、前項の意見を記した書面を添付しなければならない。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。